スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告--/--/--(--)--:--

講座概要

【辻康介の体験音楽史:中世の移動ド・ルネサンスの旋律論】

◆基礎編:中世の移動ドと教会旋法(12回)
「シ」の無い六音音階「ut re mi fa sol la」で実際に歌い、シンプルな古楽の魅力と構造を実感。ムジカ・フィクタの疑問を解明。1500年頃から1600年頃までの音楽の魅力を再発見。

◆応用編:理論と実践を学ぶ(12回)
1500年代後半から1600年初頭までのイタリア音楽を主な対象とし、歌詞の修辞学的構造・解釈と旋法や通奏低音など様々な観点を総合した演奏実践の試み。
(テーマ例)
ルネサンスのポリフォニー音楽/マドリガーレの楽しみ/インヴェンション再発見/イタリア古典歌曲再発見

※講座の回数は目安です。
※詳しくは講師HPをご覧ください→体感音楽史・中世の移動ド

★実際には、上記をベースにしながらも、受講生が実際に取り組んでいる楽曲を用いたり、基礎と応用を織り交ぜたより実践的な内容になっています。

スポンサーサイト


講座概要 | コメント(0)2013/11/04(月)08:06

«  | HOME |  »


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。